物流業界お役立ち情報

INFO

総合力と多様性で様々な物流ソリューションを創造するIHIが、
皆さまのお役に立つ、物流業界の最新お役立ち情報をご紹介します。

2022.04.18

ピッキングの自動化で作業を効率化!導入後の変化までしっかりと解説

ピッキング

ピッキングシステム

解決するべき課題が数多くあるピッキング作業。物流現場での生産性の向上にはピッキング作業の改善が必要不可欠です。今回は、特に費用対効果が非常に大きいピッキングシステムについて、導入後の前後の変化までしっかりと解説します。

(1)ピッキングシステムとは

ピッキングシステムとは、ITを活用することにより、ピッキング作業の効率を大幅に上昇させるシステムのことです。ピッキングシステムには、作業の補助を行うものとピッキング作業をすべて自動で行うものがあります。それぞれ従来のリストを用いたピッキング作業とは比較にならないほどの効率の高さを実現します。

(2)ピッキング作業で生じている問題

人によるピッキング作業では、多くの問題が生じています。これらは生産性の低下に直接つながる問題であり、早急な対応が求められます。ここでは、実際にピッキング作業を行っている現場で、生じている問題をご紹介していきます。

時間の消費

人による従来のピッキング作業では、商品を棚から見つけ出すのにかなりの時間がかかっていました。倉庫内にある膨大な数の商品は、人が管理可能な規模ではありません。しかしピッキングシステムは、どこに何があるのかすべて把握しています。従来の無駄に消費されていた商品を探す時間は削減され、空いた時間を別の作業に有効活用することが可能になりました。

移動距離が長い

作業者はピッキング作業での移動距離が非常に長いです。ピッキングする商品がそれぞれ別の棚に保管されているので、作業者はかなりの負担を抱えていました。ピッキングシステム導入後は、作業者が移動する距離は大幅に削減されます。このように、ピッキングシステムは、作業者の体力面での負担や移動時間の削減も実現します。

ミス発注

ピッキングシステムは、作業者のミス発注を0にします。これまではリストを見ながら数量と部品名を照合していたので、ミス発注などが発生していました。部品同士が非常に似てい商品が数多くある現場だと、ミスなしでピッキング作業を行うことは困難です。ミス発注後の対応には多くの時間とコストを消費し、現場への信頼を低下させます。ピッキングシステム導入後は、システムが自動でピッキング作業を行うので、ミス発注などのヒューマンエラーが発生することはありません。ミス発注をなくすことは、発生したミスに対応する時間やコストが削減されるだけでなく、商品の高品質化にもつながります。

人手不足

ピッキングシステム導入で人手不足が解消されます。現在、物流業界では人手不足が深刻な問題となっており、解決が非常に困難です。しかしピッキングシステムは、システムが自動で作業を行うため、人員をあまり必要としません。また、人手不足の解決は、人件費削減も可能にします。このようにピッキングシステムは、人員やコストを最小限に効率を最大限にすることを実現します。

body2

(3)ピッキングシステム導入で解決されること

ピッキングシステムの導入は多くの問題を解決します。ここでは、ピッキングシステム導入によって解決される問題を、いくつかご紹介します。

ペーパーレス・コスト削減

従来はリストによるピッキングが主流だったため、大量の紙が消費されていました。また紙は管理が大変であり、リストによるピッキング作業は多くのコストを消費していました。ピッキングシステムは、作業の際に紙は不要なので、これらの問題がすべて解決可能です。これまで紙に費やしていたコストは削減され、ペーパーレス化が実現します。ピッキングシステムの導入後、データでの管理が可能になるので情報の管理が容易になります。

作業進捗の可視化

ピッキングシステム導入で、作業進捗の可視化が可能になります。在庫数の管理なども把握することができるので、イレギュラー時の対応などを即座に行うことが可能です。作業進捗の可視化によって、予定と照らし合わせて、作業が遅れているところに増員するなどの柔軟な変更が可能になります。

新人育成の負担の軽減

従来、ピッキング作業において熟練者と新人では、作業スピードに大きな差がありました。通常、新人の育成には多くの時間とコストを費やします。しかし、ピッキングシステム導入後は、これまでの新人育成の大部分が不要になります。システムの操作を覚えるだけで、新人は熟練者と変わらないスピードで作業することが可能です。新人育成は現場にとってかなりの負担でしたが、システム導入で大幅に削減されます。ピッキングシステムは新人を即戦力に変え、業務の標準化を実現します。

作業効率アップ

ピッキングシステムの導入後、作業効率は大幅に上昇します。人によるピッキング作業では、商品を探す時間やリストを見て確認する手間に、多くの時間を消費していました。ピッキングシステムで作業の自動化が可能になったことで、業務の効率化が大幅に上昇しました。

作業者の体力面と精神面の負担の軽減

ピッキング作業の自動化により、作業者は体力面と精神面の負担が軽減されます。従来のピッキング作業では、作業者は重い負担を背負っていました。それは細かい確認作業や長い移動距離などです。負担の重いピッキング作業は作業者にすべて依存していたので、離職率の上昇や人員が集まらないといった問題の発生につながりました。ピッキングシステム導入後は、作業のほぼすべてをシステムに依存するので、作業者の負担が軽減されます。

(4)ピッキングシステムを導入して生産性の向上を図りませんか。

人によるピッキング作業で生じていたすべての問題を、ピッキング作業は解決可能します。ピッキング作業は無駄な時間が非常に多いですが、システムの導入後に生産性を大きく向上させる一番のポイントとも言えます。生産性の向上を実現したい方はピッキングシステムを導入してみてはいかがですか。

body4

CONTACT

お電話でのお問い合わせ(営業本部)

03-6204-7231