物流業界お役立ち情報

INFO

総合力と多様性で様々な物流ソリューションを創造するIHIが、
皆さまのお役に立つ、物流業界の最新お役立ち情報をご紹介します。

2022.03.10

【賞味期限切れ商品の誤出荷を解消!】自動読み取りによる入出荷検品システム

効率化

賞味期限

賞味期限切れの商品を誤って入荷・出荷してしまったことはありませんか?人による検品作業で起こりがちな「見落とし」のミスを未然に防ぐ、IHIの高性能な入出荷検品システム。その凄さについて解説します。

関連キーワード

(1)入出荷検品システムとは?

入出荷検品システムとは、自動で段ボールの側面の賞味期限を読み取り、検品作業の効率を大幅に上昇させるシステムです。読み取りの精度が非常に高く、従来の「人による検品作業」で発生していたヒューマンエラー等を防止します。また、作業者の負担も減らすことが可能となるため、非常に注目されています。

(2)入出荷検品システムはどんな悩みを解決するの?

64383792

 

入出荷検品システムは、賞味期限の管理と作業者の検品作業の負担の削減、検品作業の効率化の3点のお悩みを解決します。

・AIによる管理により、日付入力ミスでの誤出荷や賞味期限切れ商品の廃棄を削減します。これにより、お客様からの買い取りなどの対応にかけるコストや、時間も削減可能です。賞味期限の管理の強化は、お客様や取引先からの信頼につながる重要な部分です。

・従来の検品作業では、作業者が段ボールを一つ一つ丁寧に検品しないといけないため、作業者にかかる負担は非常に大きいものでした。入出荷検品システムは、すべて自動で行うため、作業者の負担が大幅に減りました。

・入出荷検品システム導入によって、検品作業の大幅な効率化が実現します。賞味期限の確認などの作業が不要になり、システムが一瞬で製品情報から賞味期限まで読み取ります。従来とは比較にならないほどの検品作業の高速化が可能になりました。

(3)IHIの入出荷検品システムがすごい!

様々な企業が性能の高い入出荷検品システムを提供しています。IHIも入出荷検品システムを提供しており、性能が非常に優秀です。今回は、IHIの入出荷検品システムのすごい性能をご紹介します。

 

・停止させることなく読み取る

従来の人による検品作業では、間違いのないように丁寧に検品作業を行うので、非常に時間がかかり、生産性向上の課題となっている作業でした。しかし、IHIの入出荷検品システムは、コンベアでの搬送中に検品作業を行います。一瞬で検品作業を行うことができるのも、高精度の読み取り能力が備わっているからです。停止させることなく読み取ることで、スムーズに作業が進み、大幅な効率化が実現しました。

 

・どのような印字でもOK

AIの活用により、様々な印字パターンの賞味期限を認識することが可能です。賞味期限の印字に非常に多くの種類がありますが、それらをすべて認識可能にする入出荷検品システムの文字認識技術が非常に優秀です。人による賞味期限チェックでは、長時間の確認作業で、見間違いなどのヒューマンエラーが発生するときもありますが、IHIの入出荷検品システムは人と違い、正確に長時間の賞味期限の読み取りが可能です。

 

・読み取り不可サンプル

印字が読み取れない場合でも、読み取り不可サンプルとして、AIに追加学習させることが可能です。読み取り不可サンプルに集約されたパターンは、定期アップデート時に克服します。このように、IHIの入出荷検品システムは学習するシステムであり、将来性が抜群です。最初から読み取れる印字パターンは多様にあり、読み取り不可サンプルは万が一のための機能であり、非常に徹底しています。

 

・読み取り補完機能

IHIの入出荷検品システムには、AIの読み取り結果を補完する機能がシステム側に実装されています。この読み取り補完機能によって、過去入荷時の賞味期限傾向から逸脱していないかなど、大幅な読み取りのズレを防止します。

(4)IHIの入出荷検品システム導入後の検品作業

IHIの入出荷検品システム導入後からは検品作業が負担の重い作業ではなくなります。時間と人員を多く消費する検品作業が、システム導入後では、時間と人員を消費しない負担が軽い作業へと変化します。効率化を超えた根本からの変化をIHIは実現します。ほかにも作業者の負担の面、賞味期限切れ防止を含む安全面など様々な面での活躍が期待できます。IHIの入出荷検品システムは、これまで検品作業にかかっていた人件費・時間・ヒューマンエラーの対応がすべて削減することが可能であり、非常に費用対効果の高いシステムです。また、IHIは入出荷検品システムの提供だけでなく、お客様の課題を解決する総合的な物流ソリューションの提供も行っています。

(5)入出荷検品システムの導入で賞味期限切れの解消を!

賞味期限切れの問題は深刻な問題であり、早急に解決することが必要です。入出荷検品システム導入は効率化に貢献するだけではなく、賞味期限切れの解消などの品質の向上や安全面の強化にも対応しています。1つのシステムの導入で様々な問題が解決可能になるので、ぜひ入出荷検品システムの導入を検討してみてください。

CONTACT

お電話でのお問い合わせ(営業本部)

03-6204-7231